お金借りたいのに審査が通らないのはなぜ?

お金が借りたいのに中々審査が通らない!そんな時のために審査が通らない理由やお金を借りる方法について調べたので参考にしてください。

キャッシングが通らない理由は?

キャッシングが中々通らなくて困っているという方いませんか。キャッシングの審査は各金融会社独自の基準があります。基準に満たされていなければ審査は落ちてしまします。

審査の落ちやすい人の特徴と言えば、収入はあるが安定していない、無職、他にもお金を借りている人、携帯代の延滞がある人、提出書類に間違いを記入している人などがあります。

審査は大きくわけて属性審査、信用審査、書類審査の3つに分けられます。お金を貸す側からみて、安心してお金を貸せる相手か否かをこの3つの審査により判断しています。

お金を貸して返す能力があると判断できる場合にのみ審査が通ります。そのため、審査が中々通らない人はまず提出書類に誤字や誤りがないかを確認してみてください。書類に誤りがあるだけで信用に値しないと判断される場合もありますよ。

審査落ちたけどお金を借りたいです

 審査に落ちてしまったけどお金を借りたいです!という方いますよね。そんな方のために審査が比較的甘い中小金融機関を勧めます。

また、何度も同じ金融機関やグループに審査の申し込みをするのは何度も審査を出すくらいお金に困っているのかと思われてしますので最後に審査申し込みをした3~6ヶ月ほどは同じところに申し込むのは控えましょう。

絶対に借りられるカードローンって存在するの?

 絶対に借りられるカードローンが存在するか否かは答えは否です。絶対というわけではありませんが、他よりも借りられる可能性が高い金融機関の紹介をします。大手の消費者金融や銀行カードローンは審査がより厳しい傾向にあります。

そのため、中小消費者金融に申し込むようにしましょう。中小消費者金融はキャッシングのフタバやキャッシングエニ―、キャレント、中央リテールなどがあります。
 また、ブラックのためにお金を借りられないという人は任意整理などの債務整理をオススメします。ブラックか否かは信用情報を取り寄せて確認してみるのも一つに手ですよ。

消費者金融とキャッシングって何が違うの?

 一般的に銀行ではカードローンというワードが使われ、クレジットカードと消費者金融ではキャッシングというワードが使われています。クレジットカードのキャッシングショッピング機能とキャッシング機能があり、それらは利用限度額内での使用が可能となります。消費者金融のキャッシングはクレジットカードと違いショッピング機能は利用できません。銀行系カードローンは銀行が運営しており、銀行カードの方が金利が安く設定されているというだけで仕組みは消費者金融のキャッシングと仕組みは変わりありません。

どうしてもお金を借りるにはどうすればいいの?

 どうしてもお金が必要だけどどこも審査が通らないという場合について紹介します。生命保険を契約しているのであれば審査なしでお金を借りることができます。この制度は契約者貸付制度と呼ばれるものです。この制度では解約返戻金の範囲内であれば生命保険会社が融資してくれます。限度額は契約内容により変わります。ただし、この制度がない生命保険がある場合もあるので担当者に確認してみるといいですね。契約者貸付制度でお金を借りた場合、返済ができなくなると生命保険が失効してしまうので近いうちに就職する予定がある場合に利用する方に推奨します。また、生命福祉賃金貸付(総合支援金)で連帯保証人さえいれば借り入れができます。これは失業などで困窮している人のためのもので、主に生活再建のための賃金とされ、延滞している光熱費や住宅費として借りられます。ただしこの生命保険契約者貸付制度はこの賃金を借りることが一番適切だと判断してもらわないと借り入れができません。この申し込みは自治体や社会福祉協議会となっているため、まず相談からしてみるのも手だと思います。賃金を借りることが適切だと判断される条件は、失業から2年以内で生活が困窮している場合や本人確認書類の提出ができる場合、住居があるまたは確保できる場合、お金を借りるだけでなく貸付後も就職支援や家計見直しなどの継続的な支援を受けられる場合、貸付と支援により生活再建が見込める場合、失業給付や生活保護などの公的貸付を受けられない場合があります。また、貸付までにはだいたい1カ月かかることが多いです。そのため、はやめの相談が大切です。

まとめ

 絶対に借りられるカードローンは存在しませんが、審査が通りやすい中小消費者金融うに申し込んでみるとよいです。また、自身の信用情報を問い合わせ、所謂(いわゆる)ブラックという状態になっていないのかを確認するのもお勧めします。