お金を借りるために必要な知識を教えます!

お金がどうしても必要という状況は、誰しも一度は体験したことがあると思います。

今回はお金を借りる方法についてパターンごとにまとめたので参考にしてください。

お金を借りるために必要な知識(無職編)

無職であっても専業主婦(主夫)であれば銀行カードローンの利用は可能である場合がほとんどです。

同世帯つまり配偶者に安定した収入があると判断される場合は審査が通りお金を借りることができます。

しかし、消費者金融からの融資を受けたい場合は、消費者金融では個人の収入の有無を主として審査するため融資を断られる場合が多いです。

年金受給者でもお金を借りる方法とは?

年金受給者の場合は年金のみの収入であるならば銀行や消費者金融からお金を借りるのは厳しいです。

しかし、年金のみの収入の場合でも福祉医療機構(WAM)の利用ができます。この制度は年金担保貸付つまり、年金をもらえる権利を担保に10万円~最大200万円を借りることができます。

金利も年2.1%と低く設定されています。ただし、利用目的に制限があります。

パートやアルバイトをしている場合のお金を借りる方法とは?

年金だけでなくパートやアルバイトを行っている場合はカードローンの利用が可能となる場合もあります。

そして無職であったとしても、生命保険を契約しているのであれば、審査なしでお金を借りることができます。

生命保険を利用してお金を借りる

この制度は契約者貸付制度と呼ばれるものです。この制度では解約返戻金の範囲内であれば生命保険会社が融資してくれます。

限度額は契約内容により変わります。ただし、この制度がない生命保険がある場合もあるので担当者に確認してみるといいですね。

契約者貸付制度でお金を借りた場合、返済ができなくなると生命保険が失効してしまうので近いうちに就職する予定がある場合に利用する方に推奨します。

お金を借りる ゆうちょ編:ゆうちょでお金を借りる方法とは?

 郵便局は郵送物でのやりとりがメインと思っている方も多いですが、お金を借りることもできます。

郵便局でお金を借りる方法は大きく2つに分けることができます。

担保について

1つ目の方法は、担保が必要です。

担保となるのは財形定額貯金。財形年金定額預金、財形住宅定額貯金となっています。これらを元々利用しており、担保にすることでお金を借りることができます。

また、定額貯金や定期貯金を利用している場合、通常貯金にて残高不足がある際、自動貸付を利用できます。

限度額は、各定額貯金の残高に利子を加えた金額の90%となっているが、最高でも300万円となっています。下肢入れ期間は2年となっています。

キャッシングについて

2つ目の方法はキャッシングです。この方法では担保が必要なく他の金融機関と同じく50万円程度が限度額となります。担保なしで融資される分金利が高く、年15%となっています。

お金を借りる 学生編:学生でもお金を借りる方法とは?

 学生であればポピュラーなものは、奨学金ではないでしょうか?奨学金は日本学生支援機構(JASSO)から借りることが最も多いと思います。

この制度は学校側が奨学生を募集しているので学校側に話を聞いてみるといいですね。

アルバイトをしており一定の収入があり、20歳以上であればカードローンの利用も可能ですが、学生においては学生ローンというものもあります。

これは名の通り学生のみ利用できます。ただし、未成年の場合は保護者の同意が必要であり利用目的も学業に必要なものと制限される可能性があります。

 内定が決まっている場合の学生は、内定者専用ローンがあります。

これは、銀行やろうきんが取り扱っている融資があります。このローンの限度額は100万円以下と他のローンと比べ少ないように感じるかもしれません。

しかし低金利での貸付となっています。便利なローンですが取り扱っている金融会社が少ないのが唯一の難点です。主に取り扱っているところと言えば東京都民銀行静岡ろうきん武蔵野銀行となっています。

お金を借りる アプリ編:スマホアプリでお金を借りる方法とは?

お金を借りるにあたって提出書類が多いことや審査があるなど、なんとなく難しい印象があると思います。

しかし最近はスマートフォンのアプリを利用して簡単に融資契約ができるようになっているのはご存知でしょうか?

現在スマホアプリでの融資がSMBCモビットとプロミスの2つの会社となっています。

今回は特に簡単に行えるプロミスの方を紹介します。

プロミスのスマホアプリで手軽にお金を借りる方法

プロミスは大手消費者金融会社として有名ですが、アプリローンの展開もされています。

このローンは専用のアプリをダウンロードすることでスマホのみで申し込みが簡単に完結します。

店頭にも無人機にもいく必要がないので便利ですね。本人確認の書類もスマホで撮影後にアップロードすることが可能なので郵送の必要もありません。

アプリの操作で振り込みキャッシングができることや三井住友VISAプリペイドにチャージを行うことも可能です。

さらに割引サービスなどお得な会員サービスも利用できるようになります。方法もとても簡単で、アプリで申し込みと必要書類のアップロードを行うと最短で1時間ほどで借り入れの審査が完了します。

セブン銀行のATMであれば即日融資を可能となっています。面倒な手続きもなく、ローンカードもないので財布の中がかさばることもありません。何よりも急にお金が必要な場合にとても便利に利用できます。

まとめ

今回はお金を借りる方法についてまとめましたがいかがだったでしょうか?スマホ1つでお金を借りられるというのは驚きましたが、面倒なことも一切なくとても役立ちますね。急な出費や緊急時などお金を借りる際にはぜひ参考にしてください。